鍵交換と防犯性|ドアノブ交換で徹底的に防犯|豊かな暮らしを守ろう

ドアノブ交換で徹底的に防犯|豊かな暮らしを守ろう

ワーカー

鍵交換と防犯性

男の人

防犯上の観点から鍵を見直す

これまで、会社の社宅のような場所については、入居者が会社にいるという前提で、それほど管理も厳しく行っていないところが多いのが現状でした。基本的に一度会社に入社すれば、一生同じ会社で働くということが普通だった時代にあっては、以前使用していた鍵をつかって、部屋に入るというようなことは考えられなかったのです。そのため、入居者が変わる際に、わざわざ鍵交換を行うようなことはありませんでした。しかし、現在になっては、終身雇用という体制は崩れ去ってしまっています。そういった中では、社宅の管理をこれまでのように、安全であることを前提に話を進めることは時代遅れになってきている感があり、見直しが必要になってきています。

入居ごとに鍵交換を実施

そこで、ここにきて考えられているのが、入居者が入るごとに鍵交換を行っていくという管理法です。これまでは、一つのキーを渡して、スペアも信用の元、返してもらうというのが普通でしたが、現在は、もし、もっとスペアを持っていた場合、悪用される可能性も出ることから、鍵交換を進めていっているのです。鍵交換をするには、会社側の負担として、交換費用が掛かるわけですが、これも社員を財産と考えた場合は、問題にならないほどの投資として考えられます。もちろん、必要以上のセキュリティーを望む場合には、会社が許容した範囲内で、より安全な鍵にすることも可能ですが、そういった場合については、いくらかの実費を請求している場合もあります。